過去プレイヤーインタビュー~NPO法人ここ 三科 元明さん~

edge参加の経緯・きっかけ

団体自体は8年間ボランティア団体として活動をしていましたが、今後も継続して運営をしていくためにその手段やノウハウなどを学びたいと思っていたタイミングで、中間支援組織の方にNPO法人あっとすくーるの渡さんをご紹介いただきました。そこで経営についてお聞きしたところ、edgeのことを教えていただき参加することに決めました。 


edgeに参加して得られたこと

何よりもメンターの方々との繋がりが大きいと思います。コンペを勝ち進んでいくことが目的ではなく会社の立て直しが必要だったので、コンペが終わった後も継続してフォローをしていただいているおかげで、経営についてはもちろん多くの人や団体との繋がりを作っていただきました。

未来の参加者へのメッセージ

僕にとってedgeは、いい意味で【呪い】です。最初の合宿に参加したその日から今に至るまで、edgeのことを意識しなかった日はありません。毎朝「どう?社長!?」とちょんまげ頭の黒い人が問いかけます。メンターの方々の声が頭にこびりついて離れません。毎日の業務もedgeから得たことを軸にして考えています。それくらい大きな事件でした。たくさんの呪い友達ができることを心からお待ちしています。

 

 

 

 

ここさんはedgeが主催するフォローアップセッション(支援会)にもご参加いただいています。 

(下写真は支援会の様子です。)

edgeフォローアップセッション「支援会」とは

コンペが終わってからも、メンタリングを希望しておられるプレイヤーに向けまして、edgeメンターが定期的にメンタリングを行っております。

 

支援会の詳細については、

こちらから!

特定非営利活動法人edge

〒530-0001 

大阪市北区梅田1-3-1

大阪駅前第一ビル6階103号室

レーベル株式会社 内

Mail:jimukyoku@edgeweb.jp

Tel:050-5306-4079